やぶにらみ気まぐれmemo

読んだ本、観た映画などなどの徒然日記

映画「青春の蹉跌」

 

 ショーケン桃井かおりは好きだし、原作も大昔に読んだ(内容は覚えていないけど)ので、録画して鑑賞。

まあ、ショーケン桃井かおりを観る映画なのだろう。神代監督はその筋では名作が目白押しだし、この映画も公開当時はヒットした。原作もベストセラーだ。

 

で、今観てみると、時代が生んだ映画なのだなあ、という感じ。ただし、それでも制作された時代と描かれた時代のギャップを感じるけれど。

70年代で残滓という感じでもない学生運動を描かれても。

ショーケンは明らかにミスキャスト(だって、ショーケンと司法試験はどうしたって結びつかない)だし、途中で入る”What to do next"はくどすぎて、少々鼻白む。学生運動のエピソードもちょっと時代がずれただけでこれほどまでに白けるかと思うほど 気恥ずかしい。

桃井かおりだけは役にはまって生き生きとしている。檀ふみも自分の個性にぴったりのはまり役。

いろいろあるけど、「傷だらけの天使」と「太陽にほえろ」をミックスした映画を楽しんだと思えば、よし。

最後に、音楽はとてもいい。